鑿(のみ)について

DSC 00033 - 鑿(のみ)について

初心者が本格的な大工技術を教えてくれる 木工倶楽部 に入会。学んだ事の復習や自習した事などを書き綴っています。

前回は ノミのカツラ直し をしました。次は研ぎ方を学ぶ予定。その前に、ノミについてもう少し自習しておこうと思います。

choro mokkou - 鑿(のみ)について

ノミについて自習!

鑿(のみ)について

ノミは木材に穴をあけたり溝を掘ったりするのに用いる工具で、柄頭を金づちで叩く、または手で押したりして使う道具です。

ノミの種類

ノミの種類は、追入れ鑿・向持ち鑿・薄鑿・しのぎ鑿・つば鑿などたくさんの種類がありますが、大きく分けると、2つに分類できます。

  • 突きノミ … 手で押して部材を削る
  • 叩きノミ … 金づちなどで叩いて使う

叩きノミの柄の先端には、金づちで叩いた時に木の柄が割れてしまうのを防止するために、カツラ(金属の輪)がついています。

IMG 20200621 1135278 - 鑿(のみ)について

そして叩きノミの中に「厚ノミ 」「追入れノミ 」「向待ちノミ」 などの種類があり、教習で使うのは厚ノミです。

IMG 20210408 090632 - 鑿(のみ)について
DSC 0002 1 - 鑿(のみ)について

厚ノミは追入れノミに比べ刃に厚みがあるので、深く大きなホゾ穴を掘るのに適しています。

厚ノミのなかでも刃幅が1寸2分以上のノミ(上写真)は広鑿ともよびます。

choro mokkou - 鑿(のみ)について

厚ノミは深い穴を彫るのに適した頑丈なノミ。

ノミの各部名称(叩きノミ)

ノミの各部名称は教習で配られた資料を元にしています。図にあるように、関東と関西では名称が少し異なります。

nomi kakubu - 鑿(のみ)について

ノミのサイズ

ノミのサイズは穂幅で表され、「ミリ」や日本古来の呼び名「寸」「分」で表記されます。

nomi sizejpg - 鑿(のみ)について

1寸は30.303mm 1分は3.0303mmです。よって、8分は穂幅が約24mmのノミです。

教習で使うのは、5分・8分・16分(1寸6分) の3本です。教習では「尺」「寸」「分」を使うのでこの寸法に早く慣れないといけません。

choro mokkou - 鑿(のみ)について

一寸法師は3cmと覚えよう。

地金と鋼の2層構造

ノミの穂は、地金に鋼(はがね)を鍛接して作られます。

tansetu - 鑿(のみ)について

黒い部分が地金で、刃先の光ってみえる部分が鋼です。なぜこのような2層構造にするのでしょうか。理由は、「硬さ」と「粘り強さ」を両立させるため。

硬さ・粘りはノミの切れ味や欠け、研ぎやすさに関係してきます。

極軟鋼×炭素工具鋼

地金に使用するのは極軟鋼。それに重ね合わせる鋼は、おもに炭素工具鋼を使います。
※ ノミに使う鋼は日立金属の刃物鋼「白紙」が使われることが多いようです。

極軟鋼と炭素工具鋼は、どちらも鉄(Fe)と炭素(C)からできていて、その違いは含まれる炭素の量です。

極軟鋼に含まれる炭素の量は0.12%以下。いっぽう炭素工具鋼は0.6以上を含有します。炭素量が多いほど硬くなり、鋭い切れ味がでます。

ならば硬い鋼だけで穂を作ればいいのに、と思いませんか? それがダメなんです。炭素量が多くなるほど硬くはなりますが、粘り強さ・しなやかさ(靭性)は低下してしまいます。

硬い= 衝撃を受けたときに欠けやすい・研ぎにくい

それを補うのが極軟鋼の役割。粘りのある極軟鋼で欠けにくさと研ぎやすさを、硬い鋼で切れ味のよさを両立させるんですね。

choro mokkou - 鑿(のみ)について

性質の異なる鋼を合わせて、いいとこ取り!

最後に

今回はノミについて少しだけ自習しました。何も分からず教習場で指定されたノミを購入したので、それが「叩きノミ」だということも知りませんでした。

ノミってたくさんの種類があるんですね。必要に応じて揃えていきたいと思います。とりあえず今は、5分・8分・16分で課題に取り込みたいと思います。

次の記事

IMG 20200705 1020589 520x300 - 鑿(のみ)について 教習② ノミの裏押しと研ぎ

関連記事

katurahazusijpg 520x300 - 鑿(のみ)について 教習① 道具の受け渡し・ノミのカツラ直し