教習⑩ その2 木材の選び方・作業台の制作

IMG 20201010 095258 - 教習⑩ その2 木材の選び方・作業台の制作

木工初心者が、本格的な大工技術を教えてくれる木工倶楽部に入会。教習内容を備忘録として書き綴っています。

鑿(ノミ)や鉋(カンナ)に興味がある方、よろしかったら参考にして下さい。

四街道 サンデー木工倶楽部とは

mokkou 520x300 - 教習⑩ その2 木材の選び方・作業台の制作 鑿・ 鉋・鋸 の使い方を学べる【四街道サンデー木工倶楽部】

2020年11月1日・10回目の教習

教習⑩ その1 からの続き。

鉋の仕込みが終わりました。次は、鉋を使った課題に向けての準備です。

choro mokkou - 教習⑩ その2 木材の選び方・作業台の制作

鉋を使って、なに作るんやろ?!

作業台の制作に向けて

木工倶楽部に入って初めての課題は、砥石台でした。そして、次なる課題は馬!

IMG 20201010 095618 - 教習⑩ その2 木材の選び方・作業台の制作

もしや、これは… 砥石台を作る時にお世話になった台ですか? 名前も知らずに使ってましたが、こういう作業台を通称で「馬」と呼ぶそうです。

IMG 20201010 1100222 - 教習⑩ その2 木材の選び方・作業台の制作

何を学ぶのか

今回の課題は3mの長い角材から、作業台「馬」を2つ作ることです。

学ぶこと
  • 墨打ち … 墨つぼを使った長い直線の引き方
  • 縦割り … 木材の繊維方向に沿って切る縦挽きの練習
  • 渡り顎…(わたりあご)木材を直交させてはめ込む仕口

課題が作業台だと知らされた時は一瞬、地味やな… と思ってしまいました。でも、制作を通して学べる事は多そう。

渡り顎とか仕口とか、聞いたこともない名称も出てきました。何をするのか楽しみです。

choro mokkou - 教習⑩ その2 木材の選び方・作業台の制作

馬作りスタート!

木材の選び方

馬の材料は杉の3.5寸角。105×105×3000(mm)の角材です。 ここで、先生から出題。

IMG 20201101 103944 - 教習⑩ その2 木材の選び方・作業台の制作

Q.この中で、良くない材があります。どれでしょうか?

皆で年輪を見たり触ってみたりしましたが、あまり違いが無い様に思います。で、8本の角材から先生が選んだ、ベスト・オブ「良くない材」がコレ ↓ です。

iMG 20201127 08385355 - 教習⑩ その2 木材の選び方・作業台の制作

写真では分かりにくいですが、長手方向の直線が少し曲がっています。そして、節も多い。

死に節と生き節

節(ふし)とは木材が立木だった頃の、枝の跡。節は硬いので、切ったり鉋掛けなどの加工が難しくなります。そして節には種類があります。

sinibusi ikibusi - 教習⑩ その2 木材の選び方・作業台の制作
  • 死に節 … 枯れた枝が幹の中に取り込まれたもの
  • 生き節 … 生きた枝が幹の中に取り込まれたもの

死に節は、枯れて組織が死んでいるので、周囲の組織と繋がっていません。なのでボロっと抜け落ちて、穴になる可能性があります。

生き節は、生きている間に幹の中に取り込まれたもの。周囲の組織と繋がっているのでフラットに見えますね。

choro mokkou - 教習⑩ その2 木材の選び方・作業台の制作

反りや曲がり、死に節が多い木材は避けよう。

赤身(芯材)と白太(辺材)

そして、まだ気になる所があります。白っぽい部分「白太」です。

IMG 20201127 084203 - 教習⑩ その2 木材の選び方・作業台の制作

下図は丸太の切断面です。2色に分かれてますね。木の種類によってまちまちですが、杉は特に色の差がはっきりしています。

sinzai henzai - 教習⑩ その2 木材の選び方・作業台の制作

中心部の濃い色の部分が、赤身(芯材)。外周部の白っぽい部分を、白太(辺材)といいます。

木は、芯から外側に年輪を重ねて肥大成長するので、芯の中心に近い方が年寄り。外側にいくほど若いという事になります。

choro mokkou - 教習⑩ その2 木材の選び方・作業台の制作

白太は若いし色もきれい。
何か、問題ある?

実は白太は、木を腐らせる腐朽菌(ふきゅうきん)や虫の食害を受けやすいという短所があります。

赤身の方が腐りにくく、虫もつきにくいそう。なぜなら赤身部分の細胞は活動を停止していて、水も養分も通さないから。

水分の通り道を閉鎖しているので、一旦乾燥すると吸湿しにくいので腐りにくい。更に赤身には虫が嫌う成分が多く含まれていて、虫害を受けにくいんです。

白太は立木だった頃に、水や栄養分の通り道だった部分。木材になったあとも湿度をよく吸います。

更に柔細胞には養分が蓄えられているので、湿気を好む腐朽菌や虫にとっては、まさにパラダイス。

1054637 m - 教習⑩ その2 木材の選び方・作業台の制作

また、白太は腐りやすいだけでなく反り・ねじれ等の狂いが生じやすい。というわけで、赤身だけの木材の方が加工しやすそうですね。

choro mokkou - 教習⑩ その2 木材の選び方・作業台の制作

赤身は白太より腐りにくく、虫に食われない。

じゃあ、白太に良いところは何もないのか?! というと、そうでもないんです。

  • 白太は一本の丸太から取れる量が少ないので貴重な木材と言える
  • 赤身に比べると曲げに対する強度が高い
  • 赤身と白太が混ざったものは源平(げんぺい)と呼ばれ、個性的な色のコンストラストが演出できる。

白太にも良いところはたくさん。でも、作業台に個性的なデザインはいらないので、やっぱり赤身が多いほうが良いですね。

良い木材の選び方

良くない材を学びました。それを踏まえて、良い木材選びのポイントです。

見るべきポイント
  • 曲がり・反り・ねじれが無いか
  • 節が多くないか(死に節に注意)
  • 腐朽菌・虫の食害を避けるなら、赤身(芯材)を選ぶ

作業台(馬)の制作

さて、馬を作るための角材は、3500円で購入しないといけません。安くはないです。しかし、8本のうち数本は加工しずらそうな角材。公平を期するために、あみだくじで角材が配られました。

結果、僕は比較的きれいな角材を引き当てました♪ そして先生が選んだ、ベスト・オブ「良くない材」は、めでたくSさんの元へ。Sさん頑張って下さい!

角材が決まったところで、いよいよ加工です。

元と末の見分け方

まずは角材の左右の木口を見て、どちらが元口か末口かを調べます。鉋掛けなどの木材加工において、元と末の確認は重要なことです。

IMG 20201101 110344 - 教習⑩ その2 木材の選び方・作業台の制作

元と末については、教習③ 木材の基礎知識 で少し勉強しました。

木の根に近い部分を「元」。空に向かって伸びている方が「末」。それぞれの切り口を「元口」「末口」といいます。

IMG 20201010 124957 - 教習⑩ その2 木材の選び方・作業台の制作

年輪の幅が広くて赤身が多い方が、元口だと学びましたが… 右の年輪の幅を確認して、次に左を見に行くと、もう右の年輪がどんなのだったか忘れています。

choro mokkou - 教習⑩ その2 木材の選び方・作業台の制作

全然分からへん!

そこで、木口の年輪以外で見分ける方法を教えてもらいました。それは、節の芯がどちらに寄っているか を見ること。

節は枝の跡なので、もちろん幹と同じように年輪があります。まずは年輪の芯を見ます。

husi motosue - 教習⑩ その2 木材の選び方・作業台の制作

枝は上へ上へと伸びるので、芯は末の方へ寄ります。なので、芯が上へずれている方が末だと分かります。

芯と節の輪郭までの長さを見ると、末の方が幅が狭い。元の方が広くなっているので、幅を見て確認すると簡単ですね。

IMG 20201101 143453 - 教習⑩ その2 木材の選び方・作業台の制作

確認できたら、木口にと書き込みます。 の印は、基準面の印。木工加工は、基準面をもとに線を引いたり鉋掛けをするので、大事な印になります。

直角に切る

角材は元から使います。まず、角材の端を正確な直角に切り落とします。

IMG 20201101 130054 - 教習⑩ その2 木材の選び方・作業台の制作

木材が動かないように、足でしっかりと固定して切ります。

mIMG 20201101 133207 - 教習⑩ その2 木材の選び方・作業台の制作

端を直角に切り落としたら、指定の寸法に墨線を引き、同じようにノコで切ります。

mIMG 20201101 135104 - 教習⑩ その2 木材の選び方・作業台の制作

少し、ガタガタになってしまいました。直径10.5cmもあるので、真っ直ぐに切るのは、かなり難しいです。2回もやり直しました。

IMG 20201115 105959 - 教習⑩ その2 木材の選び方・作業台の制作

長い角材から3尺4寸5分(104.5cm)を切り出したところで、今日は終わりです。


今日の感想

今日の教習は、鉋台の下端調整から始まりました。やり方はなんとなく理解しましたが、調整に時間がかかり過ぎたのと、仕上がりがあまり良くなかったのが反省点。

良い木材選びのポイントも学びました。反り・曲がり・死に節は避ける。湿気の多い場所に使うなら、腐りやすい白太より耐腐朽性の高い赤身を選ぶ。今後、木材を買う時に参考にします。

そして新たな課題、作業台「馬」の制作がスタートし。2ヶ所をノコで切りましたが、とにかく直径が太いので切るのが大変です。余計な力が入ってるせいでしょう。

馬の制作を通して、ノコの使い方など今まで習った事の復習もしたいと思います。

choro mokkou - 教習⑩ その2 木材の選び方・作業台の制作

次回は、墨つぼを使って墨打ちをします。

次の記事

IMG 20201115 1144021 520x300 - 教習⑩ その2 木材の選び方・作業台の制作 教習⑪ その1 墨壺を使って長い直線を引く