福岡の伝統工芸品「小石原焼」の歴史

koishiwara top - 福岡の伝統工芸品「小石原焼」の歴史

小石原焼とは

生産地は、福岡県朝倉市東峰村(とうほうむら)の北部に位置する小石原地区。
「飛び鉋」「刷毛目」「櫛目」「流し掛け」などの技法で表現される独特の紋様が特徴で、素朴で温かみのある風合いが魅力です。昭和50年(1975)には、陶磁器では日本初となる「伝統的工芸品」に指定されました。

ルーツは高取焼

今から約400年前の1592年。黒田長政は、豊臣秀吉の命で朝鮮出兵した時に陶工・八山を日本に連れて帰りました。

1606年。筑前国藩主になった長政は、八山 (日本名:高取八蔵重貞) に高取山の麗に窯を築かせます。これが「髙取焼」の始まり。

高取焼は黒田藩の御用窯として栄えましたが、廃藩置県にともない御用窯としての歴史を終えます。しかし東峰村には現在も、髙取焼の技法を継承する窯元が数戸あります。

takatoritywan - 福岡の伝統工芸品「小石原焼」の歴史
高取焼 出典:直方市バーチャルミュージアム

中野焼と高取焼の交流

1669年。八山の孫、八之丞貞正が小石原村中野に移り住み窯を開きます。最初はすり鉢や大型のかめ類を焼いていました。

1682年。黒田藩三代藩主・光之が招いた伊万里の陶工と共に、大明(中国)の製法にならい磁器を作るようになります。当時、日常に使う食器は陶器から磁器製に変わり始めていました。黒田藩もそれにともない磁器の量産化をめざしたわけです。

syutudo - 福岡の伝統工芸品「小石原焼」の歴史
八之丞が開いたとされる窯跡から発掘された陶器 出典:トーホースタイル

この磁器は、土地の名前をとって「中野焼」と呼ばれました。

しかし、磁器生産に小石原の土が向かなかったのか長く続かず、享保年間の末(1729年頃)には磁器の生産ができなくなります。

中野焼は一時途絶えてしまいますが、平行して続けられていた高取焼に習い、その後は民用の陶器を作るようになりました。

nakanogama - 福岡の伝統工芸品「小石原焼」の歴史
春慶茶盌 小石原中野窯 出典:高取八仙窯

民藝運動と万国博覧会

中野焼が「小石原焼」とよばれるようになったのは昭和になってから。その名が広く知られるようになったきっかけが民藝運動でした。

大正後期に民芸運動思想家 柳宗悦、河井寛次郎、浜田庄司などによって提唱された民藝運動。運動が活発化する中で小石原焼は「用の美」を兼ね備えた器として再発見され、民芸陶器として広く一般に知られるようになります。

そして昭和33年(1958)ブリュッセルで開かれた万国博覧会でグランプリ受賞。昭和50年(1975)には陶磁器として初めて伝統的工芸品に指定されました。

伝統を守りながらも進化する

DSC 3297 - 福岡の伝統工芸品「小石原焼」の歴史

現在、小石原地区には、約50軒の窯元があります。小石原焼の特徴として挙げた「刷毛目」「飛び鉋」「櫛目」といった技法を伝統として守り続ける窯元さんもあれば、伝統を受け継ぎながらも、今のライフスタイルに合ったモダンなデザインや、独自の表現を取り入れた作品をつくる若い作家さんもいます。

伝統を守りながらも柔軟な発想で、新しい小石原焼が日々生まれています。