味つけ不要。ホンビノス貝の酒蒸し

DSC 5450 - 味つけ不要。ホンビノス貝の酒蒸し

ホンビノス貝は、アサリやハマグリと同様の料理法で食べることができ、価格もとっても割安なお得な貝です。
ホンビノス貝はそれ自体の味が濃いので、余分な味つけは不要。塩や醤油を使わなくても美味しく仕上がるのでとても簡単です。

材料 (2人分)

ホンビノス貝1kg

(1個20~50g。1kgで約30個)

料理酒100cc

刻みネギ適量

下準備

ホンビノス貝を洗い、砂抜き、塩抜きをします。
詳しくは別ページにまとめていますのでご覧ください。

DSC 5408psd 520x300 - 味つけ不要。ホンビノス貝の酒蒸し ホンビノス貝の調理|砂抜き・塩抜き方法を分かりやすく解説

作り方

    酒で蒸す
  1. フライパンにホンビノス貝と酒100ccを入れ、フタをして中火にかける。

    沸騰したら少し弱火にし、貝が開くまで加熱する。
  2. DSC 5441 - 味つけ不要。ホンビノス貝の酒蒸し
    貝が開けば完成
  3. 全部の貝が開いたら完成。
    目安:弱火にしてから5~7分

    器に盛り、刻みネギを散らしていただきましょう。
  4. DSC 5443 - 味つけ不要。ホンビノス貝の酒蒸し

arrange recipe

アレンジレシピ

剥き身にして冷凍保存
DSC 5457 - 味つけ不要。ホンビノス貝の酒蒸し

余った貝は剥き身にして冷凍保存がおすすめ。
残った出汁と一緒に冷凍しておけば、色々な料理の具として重宝します。

  • 炊き込みご飯
  • 玉子とじ丼
  • クラムチャウダー
  • パスタや焼きそば
  • フライ
  • お好み焼きやチヂミ
  • 出汁なしで、汁気をきった剥き身だけで冷凍しても良いです。
    もちろん、剥き身にしなくても、殻付きのまま冷凍もできますので、用途に合わせてどうぞ。