ホンビノス貝の調理|砂抜き・塩抜き方法を分かりやすく解説

DSC 5408psd - ホンビノス貝の調理|砂抜き・塩抜き方法を分かりやすく解説

酒蒸しや焼き料理などアサリやハマグリと同様の料理法で食べることができ、価格も割安。
そんなホンビノス貝。いったいどんな貝なのか、そして食べるにはどうしたらいいのか、下準備の方法について紹介します。

ホンビノス貝とは?

カナダ・アメリカ・メキシコの東海岸に広く分布している貝です。
元々は日本に生息していなかったが、1998年に東京湾の幕張人工海浜(千葉市)で発見されました。
船に付着したかバラスト水に混ざって運ばれ、定着したと考えられています。

アメリカでは重要な食用貝であり、広く漁獲対象とされています。
日本での繁殖が確認されたのが比較的近年なので馴染みがうすいですが、食味の良さが注目され流通量が拡大中で「浜の救世主」とまで評価されるようになっています。


調理する前の下準備

  1. 汚れをとる
    水道水でじゃりじゃり洗う
  2. 砂抜き
    塩水につけて暗所で1時間放置
  3. 塩抜き
    暗所で30分放置

1.水道水でじゃりじゃり洗う

方法
 水道水で貝をこすりあわせるようにしてジャリジャリ洗う

DSC 5409 - ホンビノス貝の調理|砂抜き・塩抜き方法を分かりやすく解説 貝の表面に付いた汚れを落とす

2.砂抜き

方法
 3%の塩水につけて暗所で1時間放置。

水の量の目安は貝の頭が少しでるくらい。
ホンビノス貝1kgに対して1.5リットルの水と45gの塩を入れると3%の塩水になります。

あさりと違ってホンビノス貝はお腹に砂をためないそうで、砂抜きは不要と言う人も。
しかし実際に塩水に放置してみると、泥のような汚れがたくさん出てきました。
気持ちよくいただくためにも、砂抜きはやっておくのがオススメ。(今回購入したスーパーのパックにも砂抜きをして下さいと表記がありました)

DSC 5417 - ホンビノス貝の調理|砂抜き・塩抜き方法を分かりやすく解説
新聞紙等をかぶせるか、お風呂場等の暗いところで放置。(暗いところのほうが貝が活発に砂をはくため)
sunadasi  - ホンビノス貝の調理|砂抜き・塩抜き方法を分かりやすく解説
1時間後、吐き出された泥などの汚れがたくさん。

3.塩抜き

方法
 水から出して、30分ほど放置。それだけで貝が塩水を排出します。

DSC 5411 - ホンビノス貝の調理|砂抜き・塩抜き方法を分かりやすく解説

砂抜きした際の塩水のせいでしょっぱい可能性がありますので塩抜きをしましょう。

以上で下準備は完了です。
砂抜き、塩抜きが終われば貝を水道水で軽く洗ってから、料理に使って下さい。


その他の情報

貝毒は大丈夫?

スーパーで売られているホンビノス貝は心配ありません

海水中の有毒プランクトンを捕食した貝が毒を蓄えることがあります。
毒素は加熱により無毒化することもなく、蓄積で貝の食味は変化しないようです。
ホンビノス貝の場合は、中腸腺(貝の身の黒い部分)に溜まっていきます。

でも安心してください!

各都道府県が定期的に、貝毒の検査や貝毒の原因となるプランクトンの発生状況の調査を行っています。参考:千葉県の貝毒検査・原因プランクトン調査結果
万が一基準値を超えた場合は出荷規制がかかりますので、スーパーで売られている貝は安心・安全です。
※潮干狩りで取ってきた場合は、各都道府県のHPなどで確認することをオススメします。


ホンビノス貝を使ったレシピ

1kgのホンビノス貝の酒蒸しレシピを紹介します。参考にしてください。

DSC 5450 520x300 - ホンビノス貝の調理|砂抜き・塩抜き方法を分かりやすく解説 味つけ不要。ホンビノス貝の酒蒸し honbinosu1 520x300 - ホンビノス貝の調理|砂抜き・塩抜き方法を分かりやすく解説 旨味がギュッ!ホンビノス貝のフライ