【解説】”はじめちょろちょろ中ぱっぱ…”の意味・続き

kamado - 【解説】"はじめちょろちょろ中ぱっぱ…"の意味・続き

「はじめちょろちょろなかぱっぱ」という言葉、聞いたことありますよね?
僕は、どこか懐かしくて心地の良い響きが好きでブログ名にもしています。
この言葉についてきちんと理解したいと思い調べてみました。

時代背景

江戸時代、今と違って炊飯器やガスコンロなどありませんでした。時計も明治までは一般的には無かったので時間を測ることも容易ではなかったと思います。
「はじめちょろちょろ」はそんな時代に、釜を使ってお米を美味しく炊くための手順として言い伝えられた詩です。

バリエーション

地域によっていろいろなバリエーションが存在します。
  • 初めちょろちょろ、中ぱっぱ、赤子泣いてもふた取るな
  • 初めちょろちょろ中ぱっぱ、ブツブツいうころ火を引いて、ひと握りのワラ燃やし、赤子泣くともふた取るな
  • はじめちょろちょろ中ぱっぱ、ジュウジュウ吹いたら火を引いて、赤子泣いてもふた取るな
hagama - 【解説】"はじめちょろちょろ中ぱっぱ…"の意味・続き

“はじめちょろちょろ中ぱっぱ…” 詩の意味

はじめちょろちょろ

「はじめは弱火で」という意味です。 しかしあえて弱火にしていたのではありません。 昔はもみ殻等を燃料にしていたため、いきなり火力を強めることができなかったのです。 はじめちょろちょろにならざるを得なかったのですね。

もう1つ理由があります。
それはちょろちょろの時間でお米に吸水させていたということです。 美味しくお米を炊くためには、炊く前にお米に吸水させるのが良いと言われています。
ちょろ火の時間を吸水に使うことで燃料も無駄になりません。

中ぱっぱ、じゅうじゅう吹いたら火を引いて

中パッパは「中頃は火の粉が飛び散るくらいの火力で」という意味で、一気に強火にして沸騰させます。沸騰が続き吹きこぼれてきたら、吹きこぼれない程度に火を弱めます。

ひと握りのワラ燃やし

追い焚きをすることです。釜内の余分な水分を加熱して飛ばします。

赤子泣いてもふた取るな

火を止めて蒸らします。どんなことがあってもふたはとったらダメですよという意味です。

最後に

いかがでしたでしょうか。
今はボタン1つで美味しいお米が炊けてしまう時代です。
でも、蒸気の様子や香り、音に注意しながらじっくり頑張って作ったご飯は、また特別に美味しかったんだろうなって思います。