【魚焼きグリルで焼く】ふっくら手作りナン

nan3 - 【魚焼きグリルで焼く】ふっくら手作りナン

ベーキングパウダーとドライイースト、両方使うのがポイント。

ベーキングパウダーでサクサク感を、ドライイーストでふんわり&もっちり感を出します。
外サクッ!中はふんわりもっちりの本格ナンがお家で簡単に作れますよ。

中がふっくらと膨らみ空洞になるので、ピタパンのように中に具材を入れる事もできます。色々とアレンジできる『ふっくら手作りナン』をぜひお試し下さい。

材料 (8枚分)

強力粉200g

薄力粉200g

ベーキングパウダー小1(4g)

小1(6g)

・砂糖大1(9g)

・ドライイースト小1(3g)

・ぬるま湯(30℃〜40℃)240cc(240g)

・サラダ油大2(24g)

作り方

    生地をこねる
    • ボウルに強力粉・薄力粉・ベーキングパウダー・塩 を入れ、混ぜ合わせる
    • 砂糖・ドライイースト・ぬるま湯 を混ぜ合わせのボウルに加え、混ぜ合わせる
    • サラダ油を加え、しっかりこねる
  1. ドライイースト(酵母菌)は熱に弱く、40℃以上では元気に活動できないので、湯の温度には注意してください
    30℃〜40℃は、手でさわって熱いと感じない位の温度です
    30分発酵
  2. こねた生地を丸く整え、濡れふきん・ラップをかけてオーブンレンジの発酵機能で35℃・30分発酵させる。
  3. 夏は常温で30分寝かせればOK
  4. 生地を8等分にし、めん棒で均一な厚みに伸ばす。
  5. 厚みは約5mmから1cm。 薄いとさっくり、厚いともっちり感が増します
    形は丸でも涙形でも、お好みでどうぞ
    焼く
  6. 魚焼きグリルを強火にかけ、3分予熱する。
    薄く油をひいたアルミホイルに生地をのせて、強火のグリルで焼き色がつくまで30~40秒ほど焼く。
    ひっくり返して同じように焼き色がつくまで焼いたら完成。
  7. 数秒で焼き目が変わるので、グリルに入れたら目を離さないように注意してください
 Choro's POINT 
  • フライパンにフタをして焼くこともできますが、グリルで焼いた方がふっくらとして、焼き目も綺麗に出来上がります。
  • ナンといえば涙形がおなじみですが、じつはこの形は日本独自の形。本場インドのナンは丸いそうです。