【バッター液で】むね肉のやわらかチキンカツ

DSC 1493 - 【バッター液で】むね肉のやわらかチキンカツ

むね肉でも、ジューシーに仕上がるポイントは「バッター液の濃度」です。

とろみの強いバッター液が、肉の表面にしっかりと付き保水してくれます。外はサクサク!なのに、中はしっとり柔らかい食感になりますよ。

衣をサクサクにするコツなど、詳しくは Choro’s POINT を参考にして下さい。

材料 (4人分)

鶏むね肉(皮なし)300g

・塩小さじ1/2 (3g)

・こしょう小さじ1/4 (0.5g)

パン粉1カップ強 (50g)

(バッター液)

1個 (50g)

薄力粉大さじ4 (36g)

小さじ2 (10g)

作り方

    衣の準備
    • ボウルにバッター液の材料を入れ、泡立て器でしっかり混ぜる
    • 平らな皿にパン粉50gを入れる
    • むね肉を食べやすい大きさに切り、塩 小1/2・こしょう 小1/4をもみ込む
    • むね肉ぜんたいに、バッター液をたっぷりつける
    • パン粉の皿にむね肉を1枚ずつ入れ、裏表にパン粉をまんべんなくまぶして、軽く押さえる
  1. 全部にパン粉をまぶしたら5分程おきます。パン粉とバッター液をなじませることで、衣が安定しはがれにくくなります。

    揚げる
  2. 170℃に熱した油で、揚げる。

    すぐに箸で触ると衣がはがれてしまいます。表面のパン粉が安定するまでは、触らずにじっくり揚げましょう。

    両面がこんがりきつね色になったら油をきって完成。

チキンカツにかけるソースにおすすめ!

DSC 1949 520x300 - 【バッター液で】むね肉のやわらかチキンカツ 砂糖・ピクルスなし 玉ねぎたっぷりの『タルタルソース』
 Choro's POINT 
  • 〈バッター液の濃度〉

    粉大さじ4に対して水が小さじ2 と少なめなので、混ぜ始めは「粉っぽい」と感じるかもしれませんが、泡立て器でしっかり混ぜるとちゃんと滑らかになります。

  • 〈カラッと揚げるコツ〉

    カラッと揚げるには空気に触れさせる事が大事。空気に触れることで、余分な水分が蒸発して表面がサクサクした仕上がりになります。

    表面のパン粉が少しきつね色になってきたら、ひとつひとつ箸で持ち上げて2秒ほど空気に触れさせます。こんがりときつね色になるまで、ときどき持ち上げる事をくり返しましょう。

  • 〈油のきり方〉

    揚げたチキンカツは、キッチンペーパーに直接置かないでください。熱々のカツを置くと、ペーパーと接している下側に熱がこもり水蒸気で衣がベチャッとなります。

    網とバットがある場合は、バットの方にキッチンペーパーを敷き、網には何も敷かずにチキンカツをおきます。カツの下に隙間ができるので熱がこもらずカラッと油がきれます。


揚げ物が楽しくなるグッズ

① かす揚げ

1552097 s - 【バッター液で】むね肉のやわらかチキンカツ

揚げ物をカラッと仕上げるコツは、空気に触れさせること。でも、ひとつひとつ箸で持ち上げるのは少し手間ですね。かす揚げがあると、まとめて持ち上げることが出来るので便利です。

② ホーローバット

683270 s - 【バッター液で】むね肉のやわらかチキンカツ

揚げ物用バットは、ホーローがおすすめ。バットとして使う他、調理器具としても大活躍。直火やオーブンもOK。調理して、そのまま食卓に出してもおしゃれですね。容器に臭いがつきにくいので保存容器としても優秀です。