牛乳・生クリームなし『カルボナーラ』

DSC 1037 - 牛乳・生クリームなし『カルボナーラ』

作り方は簡単なのに確実に美味しい。牛乳や生クリームを使わない本場のカルボナーラです。

ソースを湯煎するのがポイント。とろ~りなめらかなソースになります。濃厚なチーズと玉子のコクを十分に味わって下さい。

材料 (2人分)

スパゲッティ200g

ベーコン(1cm幅カット)3枚 (60g)

2個

パルメザンチーズ大さじ5 (30g)

・粗挽きコショウ (仕上げ用)適量

作り方

  1. 1.5Lの水に15gの塩を入れ沸騰させる。パッケージに表記されている時間を目安にパスタを茹で、ザルにあげる。

  2. 参考記事

  3. ボウルに卵2個・パルメザンチーズ大さじ5 (30g) を混ぜ合わせる。

    パスタの茹で汁を使い、湯煎する。

    IMG 20180922 181850 R - 牛乳・生クリームなし『カルボナーラ』
    IMG 20180922 182551 R - 牛乳・生クリームなし『カルボナーラ』
  4. 湯煎することで、口当たりがなめらかなソースになります。ダマが消えてカスタード状になるまで、しっかりと混ぜて下さい。

  5. フライパンにサラダ油大1(分量外)とベーコンを入れ、カリッとするまで炒める。

  6. パスタを入れ、よく混ぜ合わせる。

    jyapon - 牛乳・生クリームなし『カルボナーラ』
    ザルごと茹で汁につけてから
    IMG 20180922 183115 R - 牛乳・生クリームなし『カルボナーラ』
    フライパンに入れる
  7. ベーコンの脂とパスタについた茹で汁をしっかり混ぜ合わせ、乳化させます。ソースがとろりと白っぽくなればOK。次に加えるチーズソースがよく絡み、濃厚な味わいになります。

  8. 火を止める。

    湯煎したチーズソースをもう一度よくかき混ぜてから入れ、全体に優しく混ぜ合わせる。

    器に盛り付け、粗挽きコショウをふって完成。

    IMG 20180922 183138 R - 牛乳・生クリームなし『カルボナーラ』
  9. 必ず火を止めてから、チーズソースを加えて下さい。加熱すると、卵がスクランブルエッグのように固まってしまいます。


イタリアで食べたカルボナーラ

イタリアへ旅行に行ったとき、数カ所のレストランでカルボナーラを食べました。これが日本で食べていたものと明らかに違っていてびっくり。濃厚なチーズの旨味が口いっぱいに広がり、鼻に抜けていくときの幸福感…。

「カルボナーラってこんなにthe・チーズ なんか!」と衝撃を受けました。

後から調べてみると、イタリアでは牛乳も生クリームも使わないんですね。チーズはパルミジャーノレッジャーノ。具はベーコンではなくグアンチャーレを使うそう。

牛乳が入って口当たりがまろやかなカルボナーラも、それはそれで美味しいんです。でも、the・チーズ!のカルボナーラを食べてしまったら、もう牛乳入りには戻れません。

このレシピは、イタリアで食べた味を思い出しながら作ったものです。グアンチャーレは入っていませんが、牛乳や生クリームを使わない本場(風?)のカルボナーラをお試し下さい。