焼き海苔の「保存方法」と「刻み海苔」の切り方 (動画あり)

DSC 38099 - 焼き海苔の「保存方法」と「刻み海苔」の切り方 (動画あり)

焼き海苔は開封後の賞味期限が常温で1ヶ月

全形10枚入りで販売されていることが多い焼き海苔は、一度買うとなかなか消費できずに余ってしまいがちです。

開封した焼き海苔を常温で保存する場合、袋に記載されている賞味期限に関わらず1ヶ月を目安に食べきったほうが良いそうです。

1ヶ月という期間は長いようで短い。では、それよりも長く保存するにはどうすれば良いのでしょうか。

焼き海苔の保存場所

焼き海苔は冷蔵庫で保存すると3ヶ月くらい保存することができます。しかし、冷凍庫で保存すると更に長く半年近くも保存することができます。

保存期間の目安

  • 冷凍庫 5~6ヶ月
  • 冷蔵庫 3~4ヶ月
  • 常温 1ヶ月

焼き海苔を開封後、3ヶ月内に使い切れそうなら冷蔵庫で保存。使い切れないと思ったら、迷わず冷凍庫での保存がおすすめです。


冷凍保存の仕方

1.使いやすい大きさに切る

全形海苔の規格サイズは 縦21cm×横19cm 。半分に切っておくと、後から四切や六切、刻む、など好きなサイズにカットして使えるので、便利です。

DSC 3812 300x200 - 焼き海苔の「保存方法」と「刻み海苔」の切り方 (動画あり)
半分サイズはおすすめ
DSC 3934.MOV 000050621 300x200 - 焼き海苔の「保存方法」と「刻み海苔」の切り方 (動画あり)
好きなサイズにカットして冷凍もOK

2.保存袋に入れて空気をぬく

ジッパー付きの冷凍保存袋にいれ、中の空気を抜きながら密封して口を閉じる。あとは冷凍庫に入れるだけ。

付属の乾燥剤があれば一緒に入れて下さい。

DSC 3817 - 焼き海苔の「保存方法」と「刻み海苔」の切り方 (動画あり)
なるべく中の空気をぬく
DSC 5039 - 焼き海苔の「保存方法」と「刻み海苔」の切り方 (動画あり)
刻み海苔も冷凍保存できます

刻み海苔の切り方

半分に切ったものを重ね、更に四切に。端からハサミで切ると刻み海苔ができます。

細く切るコツ

ハサミの下刃を指の上で固定するとハサミが安定します。

ハサミが宙に浮いていると、どうしてもハサミの動きが不安定になります。ハサミは動かさず、海苔を持っている手の方を動かすときれいに切れます。

動画で刻み海苔の切り方を見る (音声なし)

未熟な手つきで申し訳ありませんが、参考動画をご覧下さい。

動画は、全形の焼き海苔を半分に切った状態からのスタートです。

親指と人差し指2本で海苔をつまむ。残り3本の指の上にハサミの下刃をしっかりとつけます。

ハサミの位置は動かさない。海苔を持っている手をハサミの方へ少しずつ移動させて切ります。

大きなキッチン鋏より文房具サイズのハサミが使いやすいと思います。

僕が使っているのは、PLUS(プラス)のフィットカットカーブ 。軽くてコンパクト!収納しやすいのでキッチンの引き出しからサッと取り出せます。丸洗いもできるので食材を切るのにおすすめです。


保存後の注意点

素早くしまう

冷凍庫の海苔は、使う分を袋から出したら直ぐに中の空気を抜き、冷凍庫にもどします。袋の中と外の温度差で湿気が発生すると、中の海苔が湿気てしまいます。

乾燥剤の効果

石灰乾燥剤は新しいとサラサラですが、1~2ヶ月すると水分を吸収し中身が固まってきます。

膨張し袋が膨らんできたものは吸湿効果が期待できないので、新しい乾燥剤に変えましょう。


new good - 焼き海苔の「保存方法」と「刻み海苔」の切り方 (動画あり)

焼き海苔は冷凍保存で6ヶ月!もう、10枚入りを買ってきても大丈夫ですね。好きな形にカットして冷凍庫に入れておきましょう。