香ばしく焼くコツあります。焼き目が美味しい『 長芋のステーキ』

DSC 2058 - 香ばしく焼くコツあります。焼き目が美味しい『 長芋のステーキ』

長芋の表面にしっかりと焼き目を入れるのが美味しくなるポイントです。
香ばしく焼くコツは Choro’s POINTを参考にして下さい。

しっかりした味つけなので、お酒のアテにもおすすめです◎

材料 (2人分)

長芋1本 (300g)

小1/4 (1.5g)

しょうゆ小1 (6g)

・マヨネーズ(仕上げ用)大さじ1 (12g)

・かつお節(仕上げ用)3g

・刻みねぎ(仕上げ用)大さじ1 (6g)

作り方

  1. 長芋は皮付きのままよく洗う。
    ヒゲ根をコンロの直火にかざして焼き、1cm幅に切る。
  2. 1cm幅に切ると、全部に火が通るのでホクホクに。
    2cm幅に切ると生の部分が少し残るので、ホクホクとサクサクの両方の食感が楽しめます。お好みでどうぞ。
  3. 熱したフライパンにサラダ油大さじ1 を入れ、全体に行き渡らせる。
    長芋を重ならないように入れ、表面にしっかり焼き色がつくまで中火で動かさずに焼く。
  4. 両面に焼き色がついたら弱火にし、塩小さじ1/4を手に取り、全体にふる。
    フライパンをあおり、長芋全体に塩をまんべんなく行き渡らせる。

    しょうゆ小さじ1も入れ、全体に混ぜたらすぐに火を消す。

  5. 器に盛り、マヨネーズ・かつお節・刻みねぎをトッピングして完成。
 Choro's POINT 
  • 〈香ばしく焼くコツ〉

    きれいな焼き目をつけるには「動かさない」事が大事。
    焼き始めは、長芋がフライパンにひっつきます。ですが触らずにそのまま焼いていると、自然にはがれるので大丈夫。

    ひっついているのをむりやり動かすと、せっかく香ばしく焼かれた表面が剥がれてしまいます。
    焦らずに自然に剥がれるまで待ちましょう。中火で焦げるのが心配であれば、弱火でじっくり焼いて下さい。