レンジでしっとり。蒸し鶏ときゅうりの和え物

DSC 2318 - レンジでしっとり。蒸し鶏ときゅうりの和え物

レンジでもしっとり柔らかい蒸し鶏ができます。

ポリポリきゅうりと、しっとり蒸し鶏がベストマッチ!色合いもきれいな一皿です。

材料 (2人分)

むね肉 (皮なし)1枚 (200g)

・塩(下味用)小さじ1/4 (1.5g)

・酒(下味用)小さじ2 (10g)

きゅうり1本 (100g)

砂糖小さじ1 (3g)

しょうゆ大さじ1 (18g)

小さじ2 (10g)

ごま油大さじ1 (12g)

白ごま大さじ1 (9g)

作り方

    下準備
    • ポリ袋に調味料を入れ、上からもんで混ぜる。

    • きゅうりは 5mm 幅のななめスライスにしてから、たてに3等分にする。

  1. トゲが気になる場合だけ、板ずりをすると良いです。

    まな板の上で 塩小さじ1/2 をきゅうりにふる。両手でゴロゴロと30秒転がす。塩を洗い流したら完了。

    蒸し鶏をつくる
  2. むね肉を観音開きにする。塩小さじ1/3を全体にすりこみ、耐熱ボウルに入れる。

    酒小さじ2を加え、ラップをふんわりとかけ電子レンジ(600w)で2分加熱。

    いちど取り出して裏返し、更に1分加熱。

  3. 加熱が終わったら、ラップをしたまま10分放置。余熱で完全に火を通します。

  4. むね肉の粗熱がとれたら、食べやすい大きさにほぐす。

    きゅうりと共に調味料を合わせたポリ袋に入れる。空気をいれて口を閉じシャカシャカふる。

    器に盛りつけて完成。

 Choro's POINT 
  • 〈観音開きの方法〉

    むね肉はたてに置き、中心に切り込みを入れる。(深さは肉の厚みの半分) 左の切り込みをめくるように持ち、包丁を寝かせ手前に引くようにして、厚みが半分になるように切り開く。右も同じ様に切る。

  • 〈しっとり仕上げるコツ〉

    ① 肉の厚みを均一 (1.5cmくらい) にして加熱ムラをなくす。部分的に厚いところがあれば包丁の背で叩き、厚みを均一にして下さい。

    ② 余熱で仕上げるのがポイント。いちど取り出して裏返すことで加熱ムラを無くし、その後はラップをしたまま余熱でしっとり仕上げます。

    ③ むね肉をフォークで数カ所突き刺して柔らかくする方法がありますが、加熱した時に刺した所から水分が出てしまい、パサつく原因になるのでおすすめできません。また、保水のために砂糖をもみ込む方法も、下味の塩味がぼやけるのでしません。砂糖を入れなくても、加熱をしすぎなければしっとり柔らかく仕上がります。