【レンジで】ひじきと小松菜の彩り和え

DSC 4677 - 【レンジで】ひじきと小松菜の彩り和え

ひじきって色味のせいか、少し地味なイメージがありますよね。そこで、彩りに小松菜と人参を加えると華やかな一皿になりました。

あと一品ほしい時に、レンジで手軽にできる彩り豊かな副菜レシピです。

材料 (2人分)

芽ひじき(乾燥)10g

小松菜1/3束 (100g)

にんじん2cm (20g)

油揚げ1枚 (20g)

和風だしの素小さじ1 (3g)

砂糖小さじ2 (6g)

しょうゆ小さじ2 (12g)

すりゴマ大さじ2 (14g)

作り方

    下準備
    • ボウルに2カップの水とひじきを入れ、10分おく

      水気をしっかりきる

    • 小松菜の茎を2cm幅、葉は4~5cm幅に切る

    • 人参を1mm幅の千切り

    • 油揚げは5mm幅の短冊切り

  1. 切った材料を全て耐熱ボウルに入れ、ラップをふんわりとかけ電子レンジ(600w)で2分加熱。

    DSC 4658 - 【レンジで】ひじきと小松菜の彩り和え
  2. 熱いうちに、調味料和風だしの素小さじ1・砂糖、しょうゆ各小さじ2・すりゴマ大さじ2 をしっかり混ぜ合わせて、完成。


あると便利なグッズ

かす揚げ

ひじきの水気はしっかりきらないと、調味料が薄まり味がぼやけてしまいます。

普通のザルで水切りすると、網目にひじきが入り込んで大変なことになります。そこでおすすめなのが「かす揚げ」。

揚げ物の衣の揚げカスをすくうものですが、これがヒジキの水切りに大活躍!

kasuage - 【レンジで】ひじきと小松菜の彩り和え

おすすめ!

かす揚げは、ザルよりも網目が細かいので、ひじきが網に入り込みません。水だけを切ることが出来ます。

やり方は簡単。かす揚げでひじきをすくい、上からスプーンでギューっと押さえるだけ。

すくい取るのが難しければ、別のボウルにかす揚げを立てかけて、ひじきを水ごと編目に流し込んでもOKです。

どちらの方法でも簡単に、ストレスなく水切りが出来ますよ。

サイズは12cmくらいがおすすめ。一回で全部のヒジキがすくえます。これくらいのサイズだと、出汁・卵液・油などを濾す「こし器」としても使えるのでとても便利。

少量ならカボチャなど、野菜の裏ごしも出来ますよ。水切りから裏ごしまで、一本あれば何かと役立つ「かす揚げ」をぜひ常備しましょう。