【レンジで】塩蒸しブロッコリー

DSC 1983 - 【レンジで】塩蒸しブロッコリー

ブロッコリーは、茹でると水っぽくなってしまったり、栄養の流出も心配。
そこで、茹でるよりも簡単にレンジでチン!

ブロッコリーを洗った時の水分だけで、蒸すように加熱するので水っぽくなりません。栄養もしっかり残します。

冷蔵庫で3日間ほど日持ちするので、つけ合せやお弁当のすき間埋めに、さっと使えて便利です◎

材料

ブロッコリー1株 (300g)

小1/3 (2g)

作り方

    茎と房を切る
  1. 太い茎を房の根本から切り離す。

    硬い外皮をピーラーか包丁でむく。

    中の白っぽい部分が出てくるまでむいて下さい
  2. 2018 08 19 20 04 41 R 1 - 【レンジで】塩蒸しブロッコリー
  3. 房は、茎が枝分かれしている根本のあたりに包丁をいれ、小房に切り分ける。
    軸が太ければ、十字か半分に切り込みを入れる。

    外皮をむいた太い茎は、8mm幅の輪切りにする。

  4. DSC 1988 R - 【レンジで】塩蒸しブロッコリー
    洗って塩をする
  5. ブロッコリーの房をたっぷりと水を入れたボウルに20分間浸す。

    つぼみに泥や汚れが入っている場合があります。水に浸して蕾を開かせると汚れが取れやすくなります。
    ブロッコリーが浮いてくるので皿などで押さえましょう。
  6. DSC 1931 - 【レンジで】塩蒸しブロッコリー
  7. ザルに上げ、流水で汚れを洗い流す。

    洗った時の水気はそのままに。その水分を使ってレンジで蒸します

    輪切りにした茎も合わせ、塩小さじ1/3 (2g)を入れ全体に塩がいくように混ぜ合わせる。

  8. 2018 08 19 20 07 22 R - 【レンジで】塩蒸しブロッコリー
    2分30秒 加熱
  9. 耐熱ボウルに房と茎を入れ、ラップをふんわりとかけ600Wのレンジで 2分30秒 加熱。
    2分30秒で芯のポリっとした食感が残る固さになります。やわらかめが良い場合は3分加熱してください。

  10. すぐに食べない分は、ザルにあげ粗熱をとってから冷蔵庫で保存します。
    水っぽくなるので、水にさらさないで下さい。自然に冷めるのを待ちましょう。
 Choro's POINT 
  • 電子レンジでブロッコリーを加熱すると、茹でた時に比べてビタミン・ミネラル類が多く残ります。
  • ブロッコリー100gの場合は600Wで1分30秒。茎のポリっとした食感が残ります。やわらかくしたい場合2分~調整してください。余熱でも柔らかくなるので少し固めで仕上げると良いです。
  • グラタンの具にする等、後から味つけをする場合は、塩を入れずに加熱して下さい。