【旨味が濃縮】白菜と厚揚げの野菜あん煮込み

DSC 3391 - 【旨味が濃縮】白菜と厚揚げの野菜あん煮込み

蒸し焼きにすると野菜から水分が出て、旨味がぎゅっと濃縮されます。しっかり煮込んで滑らかなとろみをつけるのも、美味しさのポイント。

シンプルな具材ですが、白菜の甘みとしめじの旨味だけで十分美味しくなります。

材料 (2人分)

厚揚げ1枚 (160g)

白菜2枚 (100g)

しめじ1パック (100g)

刻みねぎ (仕上げ用)適量

(あん)

300cc

片栗粉大さじ1 (9g)

和風だしの素小さじ2 (6g)

しょうゆ小さじ2 (12g)

みりん小さじ2 (12g)

作り方

    下準備
    • ボウルにあんの材料を入れ、よく混ぜ合わす。

    • シメジは石づきを切り落とし、手でほぐす

    • 厚揚げを食べやすい大きさに切る

    • 白菜の葉は5cm幅に切る

      軸は1~2cm幅にそぎ切り。長ければ長さを半分に切る

    DSC 3370 - 【旨味が濃縮】白菜と厚揚げの野菜あん煮込み
  1. フライパンに厚揚げ・白菜の軸・しめじを入れ平らにし、その上に白菜の葉をのせる。

    フタをして弱めの中火にかけ、5分ほど蒸す。

  2. 調味液をかき混ぜてから、フライパンに注ぎ入れる。

    強めの中火にし、煮汁がフツフツ沸騰するまで混ぜながら煮る。

    とろみがついてきたら、そこから更に2分ほど煮込む。

    器に入れ、刻みねぎをトッピングして完成。

 Choro's POINT 
  • 白菜の軸は繊維を断ち切ることで、くったり柔らかく仕上がります。削ぐように切ると断面が大きくなり、煮汁が良くからみます。

  • 白菜の葉は底にあると焦げやすいので、一番上にのせます。

  • 〈滑らかなとろみをつけるコツ〉

    片栗粉がダマにならないように、しっかり混ぜてからフライパンに入れます。フライパンの底にヘラをあて、たえずかき混ぜながら煮て下さい。

    とろみがついてきても、そこから更に2分ほど煮込む事でトロリとした滑らかなあんに仕上がります。十分にとろみがつき、煮汁にツヤ出てきたらOKです。