教習③ 木材の基礎知識と曲尺を使った墨付け【四街道 サンデー木工倶楽部】

IMG 20200719 115048 - 教習③ 木材の基礎知識と曲尺を使った墨付け【四街道 サンデー木工倶楽部】

全くの初心者が、本格的な大工技術を学ぶため木工倶楽部に入会したお話。

目標は継手・組手の技術の習得。クギや電動工具を使わない、手道具だけのモノ作りを学びます。

参考記事

mokkou 520x300 - 教習③ 木材の基礎知識と曲尺を使った墨付け【四街道 サンデー木工倶楽部】 鑿・ 鉋・鋸 の使い方を学べる【四街道サンデー木工倶楽部】

2020年7月19日・3回目の教習

前回は 教習② ノミの裏出しと研ぎ でした。

今回の教習は ❶木材の性質を知る ❷曲尺(サシガネ)について ❸墨付けと墨差し です。

choro mokkou - 教習③ 木材の基礎知識と曲尺を使った墨付け【四街道 サンデー木工倶楽部】

初めて使う道具、サシガネと墨差し。
上手く使えるでしょうか?!

教習時間は、9:30~12:30 (3時間)


❶ 木材の性質を知る

最初に木材の性質についての話を聞きました。これから木材を加工するにあたり、最低限知っておくべき「木材の基礎知識」です。

木表と木裏

「板目」という挽き方をした木材には、表と裏があります。
※板目は、木目がタケノコのような模様∧になっています。

kiomote ura - 教習③ 木材の基礎知識と曲尺を使った墨付け【四街道 サンデー木工倶楽部】
表と裏の見分け方

木口(年輪のカーブ)が山になっている方が木表(きおもて)
反対側の面が木裏(きうら)

木表は節が少なく、削った表面も光沢があり木目がきれい。
木裏は木表よりも木目が悪く、ささくれやすいそうです。

木表は凹む

板目材は乾燥し水分が抜けていくにつれ「木表」側が縮み反っていきます。

sori  1 - 教習③ 木材の基礎知識と曲尺を使った墨付け【四街道 サンデー木工倶楽部】

これは、「水分が多い場所ほど抜ける水分量が多いのでよく縮む」という木の特性です。

水分量の違い
  • 木表(樹皮に近い方の面)…(木の新しい部分で水分が多い
  • 木裏(中心に近い方の面)…(木の古い部分で水分が少ない

木の樹皮のすぐ裏には「形成層」と呼ばれる層があり、細胞を分裂しながら外側へ年輪を重ねていくことで肥大成長します。

樹皮に近い「木表」は水分を多く含んだ若い細胞で出来ているということですね。
なので、水分が多い木表の方が水分の少ない木裏よりも多く縮んで、凹んだようになってしまうという訳です。

choro mokkou - 教習③ 木材の基礎知識と曲尺を使った墨付け【四街道 サンデー木工倶楽部】

表と裏が分かりました。
で、それをどのように活かせばよいのでしょうか?

そこで、先生から問題が出されました。これから教習で作るのが、下の写真のような砥石をのせる台です。

Q.砥石台は「木表」と「木裏」どちらを上にして作るべきでしょうか?

IMG 20200705 104139 - 教習③ 木材の基礎知識と曲尺を使った墨付け【四街道 サンデー木工倶楽部】

A.正解は「木裏を上にする」でした。なぜなら、木裏を下にしてしまうと台の底がU状になってしまい、安定しないからです。

例えばフローリングを貼るときは? 答えは「木表を上」。木裏よりも木目が美しく剥がれにくいの、できれいに仕上がります。
間違って木裏を上に貼ってしまったら、ささくれが足にささってしまう危険な床になってしまいますね。

逆に、ウッドデッキは「木裏を上」が良いみたい。理由は木裏を上にすると水はけが良くなるからです。
木表を上にするとカーブの凹んだ部分に雨水がたまってしまいますね。

choro mokkou - 教習③ 木材の基礎知識と曲尺を使った墨付け【四街道 サンデー木工倶楽部】

「木表」と「木裏」どちらの面を上に向けて使うのが良いか?を考えるのはとても重要!

元と末

木の根に近い部分を「元」空に向かって伸びている方が「末」
それぞれの切り口を「元口」「末口」といいます。

sue moto - 教習③ 木材の基礎知識と曲尺を使った墨付け【四街道 サンデー木工倶楽部】

元口と末口の見分け方はいろいろあるそうですが、木口の年輪の数や色、向きを見る方法があります。

aka siro1 - 教習③ 木材の基礎知識と曲尺を使った墨付け【四街道 サンデー木工倶楽部】
元口と末口の見分け方
  • 年輪が多い方が元口(末口は若いので年輪が少ない)
  • 赤身が多い方が元口(末口は若いので白太が多い)
  • タケノコのような模様∧の上側が末口、下が元口

住宅の柱として使う場合は、「元口」を下にして山で生えていた向きと同じ状態で使ったほうが長持ちしてで強いそうです。

また、鉋掛けは「木表は末口から元口」「木裏は元口から末口」に鉋を引くと毛羽立ちが無く美しく仕上がる。とか、木材を凹凸に加工して接合する継手(つぎて)は、「凹は元口を、凸は末口を使う」。他にも、薪割りは、元口を上にして割ると割りやすい…など、様々なシーンで使い分けるようです。

choro mokkou - 教習③ 木材の基礎知識と曲尺を使った墨付け【四街道 サンデー木工倶楽部】

「元口」と「末口」を見分ける事も大事!
年輪と赤身が多い方が「元口」ですね。

❷ 曲尺(サシガネ)について

四街道 サンデー木工倶楽部は、昔ながらの大工の技を学べる場。
なので寸法を測る道具も大工さんが使う、L字の直角に曲がった金属製の定規を使います。

曲尺は、サイズ・素材・目盛表示が違うものがたくさん販売されています。名称も曲尺(かねじゃく)・曲金(まがりがね)と言ったり、指矩・指金(さしがね)ともいいます。
先生は「サシガネ」と言っていたので僕もそれに倣うことにします。

サシガネについての記事は、僕が購入したシンワ測定の「鶴亀尺目付曲尺 1尺5寸 10588」の場合です。

sasiganepsd - 教習③ 木材の基礎知識と曲尺を使った墨付け【四街道 サンデー木工倶楽部】

サシガネは・長い方を長手(ながて)・短い方を妻手(つまて)・両方が交わった角を矩手(かねて)と言います。

幅は5分(15mm)に相当していて、何かと便利なそうです。そして表と裏があり、それぞれに違った目盛りが刻まれています。

表目
1寸ごとの目盛が幅いっぱいに刻まれている
長手は1尺5寸8分(約47.9cm)妻手は7寸5分(約22.7cm)まで測れる
裏目
  • 「角目」…表の目盛を√2倍(1.4.14倍)した目盛
    角目で丸太の直径を測ると√の計算をしなくても対角線の長さが分かるので、丸太から取れる角材の最大寸法が出せる
  • 「丸目」…表の目盛を円周率(3.14)で縮小した目盛
    丸目で円の直径を測ると円周が分かる
  • 「ホゾ穴測定目盛」…ホゾ接ぎ(一方を凸に加工、もう一方を凹に加工し接合する)加工のホゾ穴凹の深さを測る
DSC 0030 - 教習③ 木材の基礎知識と曲尺を使った墨付け【四街道 サンデー木工倶楽部】
丸目盛で円の直径を測ると円周の長さが分かる
DSC 0032 - 教習③ 木材の基礎知識と曲尺を使った墨付け【四街道 サンデー木工倶楽部】
穴の深さを測る目盛
さらに裏目には「吉凶尺」という吉凶を占う目盛や、「十二支」まで刻まれています。
DSC 0028 - 教習③ 木材の基礎知識と曲尺を使った墨付け【四街道 サンデー木工倶楽部】
財・病・離・義・官・劫・害・吉の8文字
DSC 0025 - 教習③ 木材の基礎知識と曲尺を使った墨付け【四街道 サンデー木工倶楽部】
密かにお猿さんもいるよ

なぜなのか調べたところ、『現場で職人さんが自分の道具の目印として十二支を選んで使っていただくため』だそうです。
名前書いた方が確実な気もしますが、なんとなく干支はめでたいので良しとしましょう。

choro mokkou - 教習③ 木材の基礎知識と曲尺を使った墨付け【四街道 サンデー木工倶楽部】

√計算をしなくても対角線の長さが分かったり、円周がわかったり…曲尺おそるべし!!

❸ 墨付けと墨差し

木材に線を引くことを「墨付け」と言います。そして線を引く道具が「墨差し」
墨差しは竹で出来た筆のようなものです。

DSC 0002 - 教習③ 木材の基礎知識と曲尺を使った墨付け【四街道 サンデー木工倶楽部】

墨壷の墨汁が入っている所に墨刺しをつけ、墨を含ませて使います。

墨壺と墨差しは大工さんが使う道具ですが、今は墨ではなく、鉛筆やボールペンを使う大工さんも多いとか。
時代とともに便利で簡単に扱える物が主流になり、昔ながらの物が使われなくなるのは少し寂しいですね。

でも、大丈夫!墨差しは鉛筆やボールペンよりも優れている点があります。

墨差しの良いところ
  • 鉛筆よりも細く濃い線が線が引ける
  • 木目の凹凸に影響されず正しい直線を引くことができる
  • 湿った木材にも書ける

choro mokkou - 教習③ 木材の基礎知識と曲尺を使った墨付け【四街道 サンデー木工倶楽部】

古き良き道具、墨壺と墨差し。
ボールペンに負けずに生き残ってほしいです。

墨付けをしよう!

これから作るのは、砥石をのせる砥石台。今は濡れた雑巾の上に砥石を置いてノミを研いでいますが、台があると砥石をガッチリ固定できるので良さそうですよね!

中砥用と荒砥用、2つ作ります。

nakatodaijpg - 教習③ 木材の基礎知識と曲尺を使った墨付け【四街道 サンデー木工倶楽部】aratodaijpg - 教習③ 木材の基礎知識と曲尺を使った墨付け【四街道 サンデー木工倶楽部】

先生の指示の下、配られたプリントを見ながら角材に墨付けをしていきます。

墨差しは片方がヘラ状になっていて、墨を含ませるために先端に細かく切り込みが入っています。ヘラ側で線を書き、反対側は丸くけずりペンの様にして文字を書く時に使います。

DSC 0005 - 教習③ 木材の基礎知識と曲尺を使った墨付け【四街道 サンデー木工倶楽部】

サシガネの長手を木材に引っかけて、妻手側で線を引きます。普段使う定規は「引っかける」なんて事をしないので、この持ち方に慣れるまで、少し時間がかかりました。

DSC 0007 - 教習③ 木材の基礎知識と曲尺を使った墨付け【四街道 サンデー木工倶楽部】

墨差が鉛筆やボールペンより良いところがあるのは分かりましたが、実際に墨差しを使ってみると、これがかなり難しい!
線がかすれるし、引きなおすと線が滲んだり二重になったり…そして、手が真っ黒になります。
とりあえず四苦八苦しながらも、墨付けが終わりました。


今日の感想

今日は木材の性質についての話があり、「表と裏」「元と末」どちらに向けて使うべきかを考えるのが大事だと学びました。

墨付けは、本当に大変でした。もっと美しい線をサッと引けるようになりたい!そして手が真っ黒にならないように、練習あるのみですね。

choro mokkou - 教習③ 木材の基礎知識と曲尺を使った墨付け【四街道 サンデー木工倶楽部】

次回は、ノミを使って木材を加工します。
教習④ 鋸について 砥石台の制作の記事はこちら