教習②(後編)ノミの裏押し・研ぎ

IMG 20200705 102058 - 教習②(後編)ノミの裏押し・研ぎ

木工初心者が、本格的な大工技術を教えてくれる木工倶楽部に入会。教習内容を備忘録として書き綴っています。

鑿(ノミ)や鉋(カンナ)に興味がある方、よろしかったら参考にして下さい。

四街道 サンデー木工倶楽部とは

mokkou 520x300 - 教習②(後編)ノミの裏押し・研ぎ 鑿・ 鉋・鋸 の使い方を学べる【四街道サンデー木工倶楽部】

2020年7月5日・2回目の教習

教習②(前編)からの続きです。

今日はノミと砥石についての話から始まりました。次はノミの研ぎです。

教習内容は ❶ノミの裏押し ❷ノミの研ぎ です。

choro mokkou - 教習②(後編)ノミの裏押し・研ぎ

初めての研ぎ。刃が変になったら嫌やなぁ…

❶ ノミの裏押し

裏押しとは、刃の「裏」を平面に研ぐことです。新品のノミの裏は完全に平らではないので、研いで平面を出す必要があります。

平面を出す意味

ノミの裏を研いで平面にすることはとても重要な事。なぜなのか?理由は、

IMG 20200802 1117499 - 教習②(後編)ノミの裏押し・研ぎ

木材を削るときの基準面(定規)にするため

ノミは基本的に、木材を平面に削る道具です。裏の平面部分が、木材を水平垂直に削るガイドになるんです。ノミの裏が平面じゃないと、木材を平面に削る事ができません。

裏透きの役割り

下の写真はノミの裏。凹んだ部分がありますね。これは裏透きとよばれている部分です。

ura suki - 教習②(後編)ノミの裏押し・研ぎ

真っ平な方が平面に研ぎやすいのでは? と思い、裏透きがある理由を先生に質問しました。答えは「裏透きがないと、たくさん削らないといけないから大変」との事。

確かに、硬い鋼を研ぐのはかなり大変そう。裏が透いてあると、そのぶん研ぐ面積が減るので良いですよね。

choro mokkou - 教習②(後編)ノミの裏押し・研ぎ

裏透きがあると、研ぐ面積が減って楽!

裏押しの仕方

ノミの裏を真っ平らにする事はとても重要だと分かったところで、さっそく裏押しをします。使うのは金盤と金剛砂です。

先生のお手本

金盤には砥石のような研磨力はないので、金剛砂と水を合わせて研磨剤にします。金盤に金剛砂ひとつまみと水を数滴たらし、玄翁の凸側で混ぜ合わせます。

uraosi 1 - 教習②(後編)ノミの裏押し・研ぎ

金剛砂のジャリジャリ感が少しなめらかになるまで、潰すように混ぜます。

uraosi 2 - 教習②(後編)ノミの裏押し・研ぎ

木の棒とノミを合わせてしっかり握り、金盤にのせます。前後に往復、金盤全体を使って研ぐようにします。

uraosi 3 - 教習②(後編)ノミの裏押し・研ぎ

木の棒を使うのは刃先に力を集中させるためですが、使わなくても良いそうです。

で、実際にやってみるとかなり難しい。ちゃんと平面になっているのかよく分からないんです。先生に確認してもらったところ、「あ~刃が丸くなっちゃったね」とご指摘を受けました。

IMG 20200705 1052366 - 教習②(後編)ノミの裏押し・研ぎ

え?刃が丸くてどこ? …ここかっ!先生の視力いくつですか?

IMG 20200705 1052367 - 教習②(後編)ノミの裏押し・研ぎ

刃が丸くなった原因は、ノミを持つ右手を浮かせてしまったから。

僕は邪魔だと思ったので木の棒を使いませんでしたが、やはり使った方が安定するみたいです。

choro mokkou - 教習②(後編)ノミの裏押し・研ぎ

裏押しはノミの裏を平らにする大事な作業。でも難しい!

❷ ノミの研ぎ

裏押しが終わったら、次はいよいよ刃を研ぎます。

「長年やっているが、今でも十分に納得できる研ぎができる日は少ない」と先生もおっしゃっていましたが、刃を研ぐのは本当に難しそうです。

STEP1 砥石に水を吸わせる

砥石は水を吸わせてから使用します。吸水させずに砥石を使うと、研ぎの作業中いくら水をかけても、すぐに水を吸い取ってしまい表面が乾いてしまうからです。

IMG 20200705 093755 - 教習②(後編)ノミの裏押し・研ぎ

荒砥(黒い砥石)はノミの研ぎには使用しません。中砥の面直し用です。ノミを砥ぐ前に、砥石は必ず面直しをします。

ちなみに、教習で使っている仕上砥石は、水に浸す必要が無いそう。

キング仕上砥石 S-1 #6000 は水を吸収しない「不吸水性砥石」。水をかけても吸収せず砥石の上に水が留まるので、水に浸さなくてもいいんですね。

なので、水につけるのは中砥と荒砥だけ。砥石から気泡が出なくなるまで、5分から10分ほど水につけておきます。

STEP2 中砥で研ぐ

最初に中砥石(#1000)→次に仕上げ砥石(#6000)の順で研いで仕上げます。

刃を研ぐときは、必ず砥石に水をかけながら作業します。

水をかける理由
  • すべりを良くして研磨性を高める
  • 砥石が摩耗して出てくる砥垢を洗い流し、目詰まりを防ぐ
  • 刃と砥石の摩擦によって生じる熱を抑える
IMG 20200705 110410 - 教習②(後編)ノミの裏押し・研ぎ
研ぎ方
  • 切れ刃を砥石に密着させる
  • 仕上がり角度は28~30°
  • 刃返りが出るまで研ぐ

切れ刃(傾斜の部分)が、砥石にピタッと密着する角度をキープして前後に研ぎます。この角度が不安定になると刃先が丸くなってしまいます。

刃の仕上がり角度は28から30°を意識。28度以下だと刃が欠けやすく30度以上だと切れ味が重くなるようです。

どこまで研いだらいいかの目安は「刃返り」

研いでいる面の反対側に金属のバリ(まくれ)が出たら、研げている証拠です。薬指で裏の刃先を軽くなでて、バリがでているか確認しましょう。引っかかるような感触があればOK。

ha kaeri - 教習②(後編)ノミの裏押し・研ぎ

STEP3 仕上げ砥石で研ぐ

刃返りが出たら、次は仕上げ砥石で研いでいきます。中砥で研いだ刃を仕上げ砥石で磨き上げるイメージです。刃返りは最後にとるので、今はそのままにしておきます。

IMG 20200705 112720 - 教習②(後編)ノミの裏押し・研ぎ
研ぎ方
  • 水をかけすぎない
  • 最後に刃返りをとる

仕上げ砥石で研ぐときは、砥垢が流されない程度に水を加減しながら研いでいきます。

中砥で研ぐときは水を多めにかけていましたが、仕上げ砥石で研ぐときはあまり水をかけないように注意。なぜなら、砥石から出る泥(砥垢)が流されてしまうから。

この砥垢は、刃との摩擦で砥石がすり減ることで出てきます。この砥垢と一緒に研ぐことで、きめ細かい良い刃がつくそうです。

研ぎ方は中砥のときと同じ、砥石にピタッと密着する角度をキープして研ぎます。

研ぎ終わったら最後に刃返りをとります。バリが出ている側(裏)を砥石に密着させて、スーッとゆっくり滑らせるだけ。これで刃返りがとれます。

IMG 20200705 1140 - 教習②(後編)ノミの裏押し・研ぎ

砥げたかどうか確認するには、刃を爪の上で軽くすべらせる方法があります。滑らずに引っかかる感触があれば、刃がついた証拠です。

IMG 20200705 1157022 - 教習②(後編)ノミの裏押し・研ぎ

研ぎ終わったら必ず、サビ止めの油(椿油など)を塗ります。


今日の感想

木材を水平垂直に削るために、ノミの裏を平面にすることがとても重要だと学びました。

今日は5分・8分・16分、3本のノミの「裏押し」と「研ぎ」を何とか時間内に終えましたが、ちゃんと砥げているか不安です…。

正直、どういう状態の刃が付いたら正解なのか、まだ理解できていません。実際に使ってみて分かるんでしょうね。

使っては研いで、使っては研いでをくり返し、精進したいと思います。

choro mokkou - 教習②(後編)ノミの裏押し・研ぎ

次回は、木材の基礎知識・曲尺と墨差しについて学びます。

次の記事

2922587 s 520x300 - 教習②(後編)ノミの裏押し・研ぎ 教習③(前編)木材の基礎知識